思わず手がでるショックからの蘇生~初動の10分~ [ 全1回シリーズ ]

循環動態・組織灌流に基づいたショック分類と輸液・昇圧剤の選択や手術の適期

  • 獣医師
  • 救急


開催日時
2017年3月29日 (水)〜2017年3月29日 (水)
開催時間
20:00 〜 22:00
会場
ハロー貸会議室新宿C・Dルーム
ステータス
受付終了

リクエストする

「申込できなかった」「予定が合わなかった」という方のために、もう一度開催をリクエストできます。
→詳しくはこちら
開催日時 第1回 2017年3月29日 (水) 20:00 〜 22:00
シリーズ 全1回
講師
杉浦洋明
DVMsどうぶつ医療センター 横浜救急診療センター

2006年東京農工大学卒。微生物学研究室に所属6年間木俣動物病院(浜松市)で一般臨床に従事。2012年より DVMsどうぶつ医療センター横浜の救急診療センターで勤務。2015年より同センター医長を務め、救急チームを率いながらER・ICU分野の発展を期して活動中。

開催地 東京
会場 ハロー貸会議室新宿C・Dルーム ( 公式ホームページ )
定員 40名
受講料 通常会員価格: 5,000円/人, 有料会員価格(会員価格とは): 5,000円/人
協力
備考

【復習用動画】   なし
【有料Web配信】 あり

内容

■このセミナーで学べること
循環動態・組織灌流に基づいたショック分類と輸液・昇圧剤の選択や手術の適期を解説します。
・”初期蘇生の心得”―治療すべきは病気ではなく病態である
・30秒のエコーでここまで分かる!確認すべき項目と初期の鑑別
ほか

■開催にあたって
 虚脱し、意識レベルの低下した動物を目の前にしてあなたは何を考えますか?あなたの手は何をしていますか?腕を組んで考え込んでいる間に、逡巡し足をすくませているその間に動物は急速に死に近づいています。正確な診断をつけよう、完全に問題を解決しようなどと考えてはいけません。最初の10分で勝負は決まります。ショックの動物に遭遇した時に機械的に手が動く。そんなスキルを身につけてみましょう。

■講師所属動物病院紹介
2004年、横浜夜間動物病院として発足。後に併設された2次診療センター各診療科と連携しながら横浜周辺の夜間救急を担う。救急症例は年間6000件弱、緊急手術・内視鏡症例は年間各100~120症例、心肺蘇生実施数は年間100症例を超える。トリアージ・初期蘇生・クリティカル症例のICU管理に力を注いでいる。

■参加にあたってのお願い
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご参加にあたり下記をご理解および厳守いただけるようお願いします。
  
※ 受講者は、本セミナー内容を自己の学習の目的にのみ使用するものとし、受講者個人の私的利用の範囲内で使用すること
※ セミナー内容を理解する上で個人差があることを前提に、内容が理解できなかった又は理解しづらい部分があったとしても、弊社及び講師等に一切の責任を求めないこと
※ 本セミナーの受講において知り得た内容につき、その完全性、有用性、正確性、将来の結果等について、当サイト及び講師等に一切の責任を求めないこと
※ 弊社と受講者は、本セミナーの受講が、受講者の事業における成果を何ら保証するものでなく、また、受講者の行う事業に関して一切の責任を負わないものとする

このセミナーはハンドアウトを閲覧できません。