ダックスフンドにおける眼科疾患

配信期間2017年4月19日(水)12:00 〜 2017年6月20日(火)18:00
分割配信全1動画動画一覧へ

930watch

ダックスフンドは今でも大変人気な犬種であるゆえ、眼科疾患に限らず来院数が非常に多いのではないでしょうか?ダックスフンドは犬種に比べ非常に特殊な性質を持っており、眼科疾患に関しても注意する点が多く慎重にならざるを得ません。また、海外文献とは異なる部分もあり、“日本におけるダックスフンドの現状”をしっかり把握する必要があります。このWEBセミナーではダックスフンドにおける注意すべき眼科疾患を3つ挙げ、他の犬種との違いを含めて特徴を解説します。
※当WEBセミナーは2015年10~12月配信分の再配信になります。予めご了承の上ご購入下さい。

小林 義崇

アニマルアイケア・東京動物眼科醫院 院長
比較眼科学会認定獣医眼科学専門医

経歴
2002東京都安部動物病院勤務
2006アメリカ獣医眼科学会Basic Science Course 修了
2007埼玉動物医療センター勤務
2010DVMsどうぶつ医療センター横浜
二次診療センター眼科医長
2015アニマルアイケア・東京動物眼科醫院 院長
所属
比較眼科学会

1

ダックスフンドにおける眼科疾患

セミナー内容
  1. 注意すべき眼科疾患
  2. 免疫介在性角膜炎
    ・慢性表層性角膜炎(CSK)
    ・点状表層角膜炎
  3. 網膜変性症
    ・進行性網膜萎縮(PRA)
    ・突発性後天性網膜変性症候群(SARDs)
  4. 白内障
  5. まとめ

動画の冒頭3分間を視聴いただけます

このセミナーで学べること
  • 免疫介在性角膜炎は完治不可!できることは?
  • 免疫介在性角膜炎はステロイド副作用に注意し治療間隔を設定!理由は?
  • 日本のCSKはM.ダックスやM.ピンシャーに多い
  • CSKは紫外線が発症の原因も!?
  • PRA/SARDsはダックスフンドがダントツTOP!
  • PRAとSARDs、網膜電図と眼底所見の特徴をつかもう!
  • 見える子&見えない子、視覚検査による反応の違いを知ろう!
  • PRAの特徴的な眼底所見をおさえよう!
  • 進行したPRAが続発させる他の眼科疾患とは?
  • PRAは根治的治療不可!できることを考えよう
  • SARDsは急激に進行!数日〜数週間で失明へ。
  • SARDsに有効な治療法はあるか?
  • 多数ある失明疾患を鑑別する為に必要なこと
  • ダックスの白内障はPRAとの関係を確認!
  • 白内障の原因と合併症を理解しよう
  • PRAと白内障。併発/続発で回復力はどう違う?