歩き方に異常のある動物の診断法を習得しよう [ 全3回シリーズ ]

一次診療施設で可能な検査と鑑別のコツ

  • 獣医師
  • 整形外科


開催日時
2015年1月21日 (水)〜2015年3月18日 (水)
開催時間
19:00 〜 21:30
会場
AP品川 Dルーム
ステータス
受付終了

リクエストする

「申込できなかった」「予定が合わなかった」という方のために、もう一度開催をリクエストできます。
→詳しくはこちら
開催日時 第1回 2015年1月21日 (水) 19:00 〜 21:30
第2回 2015年2月25日 (水) 19:00 〜 21:30
第3回 2015年3月18日 (水) 19:00 〜 21:30
シリーズ 全3回
講師
枝村一弥
日本大学獣医学科獣医外科学研究室 准教授 (小動物外科専門医)

日本大学農獣医学部獣医学科を卒業し、東京大学大学院農学生命科学研究科(獣医学専攻)を修了。日本大学生物資源科学部助手および専任講師、University of Missouriの客員研究員を経て、2015より日本大学生物資源科学部准教授を務める。

開催地 東京
会場 AP品川 Dルーム ( 公式ホームページ )
定員 30名
受講料 通常会員価格: 45,000円/人, 有料会員価格(会員価格とは): 45,000円/人
協力
備考

【復習用動画】あり
※決済後のキャンセル及び欠席分の受講料返金はできません
※講義中のビデオ録画、録音機器での録音はご遠慮下さい
※受講は申込者のみとなり代理受講はできません

内容

[第1回] 2015年01月21日(水)
前肢の整形外科疾患の診断とコツ

[第2回] 2015年02月25日(水)
後肢の整形外科疾患の診断とコツ

[第3回] 2015年03月18日(水)

関節液検査と免疫介在性関節炎の診断のコツ
整形外科疾患以外に歩行異常を呈する疾患の鑑別方法

-------------------------------------

整形外科疾患徹底攻略シリーズ【診断編】
日本で飼育される犬や猫の寿命は延長傾向にあり、高齢化はこれからも進んでいくと思われます。
最近では、人においても高齢期の運動器疾患の重要性が認識され始めていて、運動障害に対しての関心が高まりつつあります。それに伴って、生活の質を改善させるまたは維持するための治療を望む声が増えてきており、家族は獣医師と一体となってチームを組んで対応していかなくてはならない時代になってきています。このような背景から、獣医師も運動器疾患の診断に精通しておく必要があります。
本公演を通じて、骨や関節を中心とした整形外科疾患や、その他に運動障害を生じる疾患の鑑別方法を習得し、明日からの診療の参考にして頂ければ幸いです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ★復習用動画配信 決定!★
  このセミナーは参加者のみが視聴できる
  復習用の動画を配信します。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

※当セミナーと同時開催の「知っておきたい麻酔の基礎知識」セミナーにおいて、
 一部日程が重なっております。
 両セミナーにお申し込みの場合は、決済が完了する前に弊社まで必ずご相談ください。

このセミナーは電子版シラバスを閲覧できません。