救急疾患ケーススタディ [ 全3回シリーズ ]

コントロールできなかった救急疾患から学ぶ

  • 獣医師
  • 救急


開催日時
2017年12月6日 (水)〜2018年2月14日 (水)
開催時間
19:30 〜 21:30
会場
ハロー貸会議室新宿Dルーム
ステータス
受付終了

リクエストする

「申込できなかった」「予定が合わなかった」という方のために、もう一度開催をリクエストできます。
→詳しくはこちら
開催日時 第1回 2017年12月6日 (水) 19:30 〜 21:30
第2回 2018年1月10日 (水) 19:30 〜 21:30
第3回 2018年2月14日 (水) 19:30 〜 21:30
シリーズ 全3回
講師
杉浦洋明
DVMsどうぶつ医療センター 横浜救急診療センター

2006年東京農工大学卒。微生物学研究室に所属6年間木俣動物病院(浜松市)で一般臨床に従事。2012年より DVMsどうぶつ医療センター横浜の救急診療センターで勤務。2015年より同センター医長を務め、救急チームを率いながらER・ICU分野の発展を期して活動中。

開催地 東京
会場 ハロー貸会議室新宿Dルーム ( 公式ホームページ )
定員 40名
受講料 通常会員価格: 18,000円/人, 有料会員価格(会員価格とは): 3,000円/人
協力
備考

【復習用動画】あり
【有料Web配信】あり

内容

■このセミナーで学べること

不本意にもコントロールできなかった症例について、我々獣医師はどうしても口を閉ざしてしまいがちです。できることなら上手くいった症例だけを発表したい。けれど、本当の進歩は失敗症例から始まるものです。私の二の舞にならぬよう、、、。コントロールできなかった症例から見えてくる、よりよい治療を探ってみたいと思います。

■セミナー各回の内容

〇第1回 「心源性肺水腫治療」
*トイプードル(避妊済)10歳

[治療経過]
僧帽弁閉鎖不全症に起因する心原性肺水腫。酸素室内で通常の利尿治療を行っていたが、改善せず。呼吸停止間近と思われ、挿管し陽圧換気を開始した。多量の水を排出させ、酸素分圧を改善させることはできたが、乏尿及び高炭酸ガス血症から抜け出すことができず。最終的には脳死状態で死亡。

[考察のポイント]
急性に悪化する心源性肺水腫に対し挿管・陽圧換気をするに当たり、心得ておくべきポイントとは?

〇第2回 「心源性肺水腫治療」
*猫(去勢済)12歳

[治療経過]
元気食欲低下。膿胸と診断。膿を穿刺抜去して抗生剤と点滴治療をしていたが・・・。6時間後には意識レベル、バイタルサインは顕著に低下。胸腔ドレーンを入れて胸腔洗浄を開始したが敗血症を脱することができず、来院5日で死亡。

[考察のポイント]
敗血症治療に手加減はいらない。積極的な介入はどの時点ですべきだったか?

〇第3回 「腹腔内出血」
*チワワ(去勢済)9歳

[治療経過]
急性虚脱、ショック状態で来院し、脾臓からの腫瘍性腹腔内出血と診断。1時間程の点滴治療の後、手術に臨んだ。脾臓摘出が済み、無事手術を乗り越えたかに見えたが・・・。突如徐脈に陥り、あっという間に心肺停止に。心臓マッサージもエピネフリンも効果なく、手術台の上で死亡。

[考察のポイント]
来院以降のモニタリングは適切であったのか?術中に心肺停止を予期できる数値は無かっただろうか?

■参加にあたってのお願い
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご参加にあたり下記をご理解および厳守いただけるようお願いします。
  
※ 受講者は、本セミナー内容を自己の学習の目的にのみ使用するものとし、受講者個人の私的利用の範囲内で使用すること
※ セミナー内容を理解する上で個人差があることを前提に、内容が理解できなかった又は理解しづらい部分があったとしても、弊社及び講師等に一切の責任を求めないこと
※ 本セミナーの受講において知り得た内容につき、その完全性、有用性、正確性、将来の結果等について、当サイト及び講師等に一切の責任を求めないこと
※ 弊社と受講者は、本セミナーの受講が、受講者の事業における成果を何ら保証するものでなく、また、受講者の行う事業に関して一切の責任を負わないものとする

このセミナーはハンドアウトを閲覧できません。